家売るオンナ4話の感想!3億で売れた豪邸は民王の武藤家のロケ地?

シェアする

最初は違和感だった北川景子の棒読みの芝居が病み付きになる「家売るオンナ」。

今回もいろいろ事件や新たに発覚したことがありました。

そんな「家売るオンナ」第4話の感想をまとめました。

三軒家は婚活中?

上司屋代(仲村トオル)のお客さんのお願いで婚活パーティに出席した三軒家。家のためかと思いきや、本当に婚活したかったという意外な展開。

あの棒読みの強い口調も、生まれつきのしょうがないキャラだったんだな~と。

そしてそのキャラのまま、婚活パーティで料理を完璧にしすぎて、周囲にひかれて婚活パーティで1人ぼっちになった三軒家を見て、初めてちょっと人間らしい、そしてかわいそうと思ってしまいました。

もちろん自分のせいだけど、ある意味不器用なんですね。

彼氏作るの難しいよな~美人だけど。「GO~!」とかまばたきしないで言っちゃうから。

仲村トオルと北川景子がキス!?

なんで2人のキスシーンが?なにか必要あったのかな??というキスシーンでした。

酔っ払った仲村トオルが、意味なくキスしちゃったという衝撃の理由です。

三軒家さんは気にしていない様子ですが、無表情なだけで、すごーくショックだったのかもしれません。

ちなみに、この一件で三軒家さんが一度だけ、家を売ることで負けた相手が屋代だったということが発覚しましたね。

イモトアヤコがウザイ?

モトアヤコ本当にウザイですね(笑)なので、三軒家に「白洲!」と呼び捨てにされて、いじめられていると、最近ちょっと快感です。

足立こと千葉雄大くんに、酔っ払ったとはいえ、ベタベタボディータッチ。

それに、せっかくの家を売るチャンスを、人の見る目のなさで、逃したり。

ホームレスのおじさんが、実はお金持ちというオチでしたが、イモトアヤコこと白洲は「お金持ってない」と決めつけてしまい、そのすきを三軒家ががっちり営業して3億の家を売ることに成功。お金持ちの有名人の顔を頭に入れておくなんて、さすが三軒家さん、すごいスーパー営業マンですね!

3億で売った豪邸のロケ地は民王?

かとうかずこさん演じるカリスマ料理研究家が売りにだした家。この家を三軒家がホームレスに売ったのですが、このロケ地ってドラマ「民王」で武藤家として使われた場所と同じでしたね。ネットでもすごく話題になっていました。

立派な趣のある家なので、撮影場所としてもよくチョイスされるんですね。またドラマ「遺産争続」にも使われてたっていう情報もありました。

それにしても、炊飯ジャーを売っているホームレスのおじさんの家のツボが逆に米を炊く釜だったなんて、そして、それを見抜いちゃうの、本当に重ね重ね三軒家さんすごかったです。

 

三軒家さんの家は一家8人惨殺事件の豪邸で家賃5万??

三軒家さんの家を備考した庭野(工藤阿須加)がこの衝撃の事実を知ることに。すごい三軒家さん。

さすがに豪邸でもこんな家普通住みませんよね・・・・。1人の殺人現場でもビビるのに8人って・・・。ちょっと引きますね。。

そして、三軒家を尾行した庭野に一番引きました(2