同期のサクラ最終回あらすじ感想!黒川の娘の過去が泣ける

2019年12月18日に最終回を迎えてしまった高畑充希さん主演の日本テレビの水曜ドラマ「同期のサクラ」。

昏睡状態から復活してサクラでしたが、就職に難航。

しかし、同期に支えられながら、なぜか黒川から再び花村建設で働くように誘われます。

一体、どうして黒川はサクラを誘ったのか?そしてサクラと同期の結末はどうなるのか?

ドラマ「同期のサクラ」の感動の最終回のあらすじと感想をまとめていきます。

同期のサクラ最終回のあらすじは?黒川は敵?味方?

 2020年4月―。満開の桜の下にサクラ(高畑充希)の同期四人が集まっていた。花村建設の新入社員として出会ってから11年。今はバラバラの道を歩む同期たちは「まさか、最後にあんなことになるとは」と、サクラの激動の人生を振り返っていた……。

その1ヶ月前。建設会社の面接に落ち続けていたサクラは、花村建設の副社長となった黒川(椎名桔平)から「俺の下で働かないか?」と誘われ古巣への復帰を果たしていた。問題ばかり起こしていた自分が再雇用されたことを疑問に感じていたサクラに、会社の未来に危機感を抱いていた黒川は、新しい発想と熱い情熱を持って上に逆らってもチャレンジする人材が必要なのだと話し、新規プロジェクトのリーダーにサクラを任命する。やりがいを感じて目を輝かせるサクラ。黒川は今までのサクラの失敗の原因は頑固で融通が効かないことではなく、「力がないからだ」と教える……。

新しく着工する橋の重役会議に黒川と共に出席したサクラは、橋のデザインと安全面に関する忖度なしの意見を述べて早速重役たちの不信感を買う。しかし、副社長の黒川がサクラの意見に同調した途端、風向きが変わり……。“力”を持っていれば今まで無下にされて来た正しい意見がきちんと通せることを目の当たりにするサクラ。さらに黒川が組織の問題点を指摘し、自分が自分らしくあるためには力を持つしかない、と冷静さと情熱を持つ黒川に次第に感化されていく………。同じプロジェクトチームに参加する葵(新田真剣佑)はそんなサクラをどこか不安そうに見守っていた。葵は飄々とした黒川のつかみ所のなさを信頼しきれないでいた……一方、新規事業と育児に追い詰められている百合(橋本愛)の話に耳を貸さず仕事に戻ってしまったり、NPO団体の代表となり悩みを抱える菊夫(竜星涼)からネット電話を受けても、皆忙しいという理由で聞き流してしまう。さらに、就活中の蓮太郎(岡山天音)からの悩み相談よりも黒川からの着信を優先するサクラ……これまで、忖度しない言動の度に、組織との軋轢を生んでいたサクラは、初めて仕事で高揚感を感じる。そんなサクラに、同期たちは、「あなたは、変わった。仲間なんてもう必要ないの?」と苦言を呈されるが、反論できない。

サクラは、会社での「力」のために、仲間を捨てるのか?
第三の答えを見つけ出すのか?
夢を追い続けたサクラと同期たち仲間の10年間が激動のラストを迎える。

引用元:https://www.ntv.co.jp/sakura2019/story/

サクラに厳しい態度をしてきた黒川でしたが、一体どうして扱いづらいサクラと一緒に働こうと思ったのでしょうか?

そこには驚きの真相が隠されていました。

それにしても、ずっと黒川って、良い人なの?悪い人なの???と何を考えているのかわからない人ですが、最終回でやっとその正体がわかったような気がして、すっきりしました。

まずは、黒川がサクラを雇った理由は、周囲がイエスマンばかりで、正しいこと、本音をはっきりと言えないことに嫌気がさしていたようでした。

そんな中、正しいことをズバっと忖度しないで言うサクラの言動を気に入って、自分の部下として働いて欲しいと言う、理由で、サクラは納得。黒川の元で働き始めます。

そして今までサクラが忖度しない発言で生きづらかった理由を「力がないから」と言う黒川。

確かに、おなじ意見を偉い人が言うと、納得するのに、下っ端が言うと、嫌な顔をされます。

黒川が自分の意見に同意することで、周囲もサクラの意見を正しい意見として受け取るのを見て、サクラの考え方が変わります。

黒川の影響で人が変わってしまったサクラ?

黒川のやり方を尊敬するようになり、無理な仕事を部下におしつけてまで、理想の仕事をやり遂げようと必死に仕事にのめり込んでいきます。

そのせいで、周囲が見えなくなり、同期の心配や悩みにも適当に対応して「時間がもったいない」とヒドイことを言うようになってしまったサクラ。

今迄は、なによりも同期の悩みを優先して必死に行動してきたサクラなのに。

人が変わってしまったようになってしまいました。

「あんたみたいのが一番権力を持っちゃいけないタイプなんだね」と冷たく同期の百合(橋本愛)に言われると、4人に「やっとやりたいことが見つかったのに、応援してくれないの!!」と逆ギレ^^;

あるいみ黒川のマインドコントロールにかかってしまった雰囲気でした。

同期4人を救ったサクラはどこに行ってしまったんだーーーー!!!!

そんな中、人事部の先輩だったすみれが黒川にリストラされたことから、サクラの気持ちが変わっていきます。

同期のサクラ最終回の結末は?黒川の娘の悲しい過去とは?

すみれが黒川にリストラされ、また黒川によって、社長が解任。また花村建設が合併することになり、不安になる社員たち。そしてサクラも社長のやり方に疑問を持つようになり、仕事を辞める決意をします。

その前に黒川に「どうしてこんな私によくしてくれるのか?」と聞くと驚きの答えが返ってきます。

それは・・・サクラが娘に似ていたと言うのです。

「私には夢があります」と面接で語ったサクラ。

黒川の娘も同じように夢があり、その娘と重なったと言います。

黒川の娘はバレリーナになるのが夢で幼いころから、キツイ練習でも毎日毎日こなしていました。その娘のために、いつか素晴らしい劇場を作ってあげたいと思って必死になって働いていた黒川。しかし・・・なんと8歳の時に事故で死んでしまったのです。

なので、サクラを見た時「もし娘が生きていたら、こんな風になっているのかも」と思ったのでした。

そんな黒川の言葉に何かを感じつつも、サクラは退職願を提出。

ショックを受ける黒川。そして「この業界で二度と働けなくすることもできる」と言う黒川。

そんな黒川に「働いてみせます!これは、私が考えた未来に伝えたい建物です」と、建物のプランを見せます。

その高いクオリティに感動して「やっぱりおまえには才能がある」と言いかけた黒川にサクラは「誤解しないでください。これは優秀な同期たちにいろいろ調べてもらって協力してもらって作り上げたんです」と言います。

そう1人ではつくりあげることはできず「私の財産は優秀な仲間です。」と胸を張っていいます。

この財産で業界で生き残っていくことを明言したサクラ。そんなサクラを悲しそうに、そして笑顔で見る黒川が少しかわいそうでした。

おそらくですが・・・なんだかんだで、花村建設を辞めた後のサクラを黒川は応援してあげるような気がします。

ラストは、黒川が悪役でなく、良い人では??と思わずにはいられない結末でした。

最終的には、就職活動中に、第9話で就職が決まりかけていた平泉成さんが社長の会社で働くことになったサクラでした。

サクラが同期との良い関係のままラストを迎える素晴らしい最終回でした。