アライブがん専門医のカルテ木村佳乃が医療ミス?ネタバレは怪しいけど悪女?

シェアする

2020年1月9日から放送がスタートしたドラマ「アライブがん専門医のカルテ」。

主演は松下奈緒(まつしたなお)さんで、「がんのスペシャリスト」と呼ばれる腫瘍内科の女医役です。

そして松下奈緒さん演じる恩田心とタッグ組んでガン治療に挑んでいくのが外科の女医で木村佳乃(きむらよしの)さん演じる梶山薫(かじやま かおる)。

ガンがテーマなので、重い部分もありますが、2人女医の爽やかな関係性のストーリー、かと思ったら、第1話のラストで不穏な空気が。

偶然出会ったと思った梶山薫と恩田心ですが、なんと梶山薫が綿密に計画して、恩田心に近づいたことがわかったんです。

どうして??と思ったら、昏睡状態の事故にあった心の夫の治療をして、なんと・・・「医療ミス」をしたかもしれない梶山薫のシーンが。

今回はドラマ「アライブ」で木村佳乃さん演じる女医の梶山薫について、ネタバレと真相を考察予想していきたいと思います。

アライブで木村佳乃演じる梶山薫とは?怪しいの?

まずは、以下役柄です。

消化外科医梶山薫(かじやま かおる)

有能な有能な消化器外科医で、最初はある強い意志を持って医師を目指してきた苦労人。

奨学金で国立の医学部に進学後、消化器外科医になり15年。

腕が良い医師で、数々の手術をこなしてきました。

特に「サイレントキラー」と呼ばれる「すい臓がん」の手術などを高い手技で「がんを切る女医」としてのがんの知識に非常にたけています。

仕事には常に冷静沈着。また正しい判断ができるけれども、大胆な性格をしていて、周囲を驚かせる女性です。

そして恋愛関係になるのは、常に訳あり男性という、男関係は微妙な女性です^^;

心の勤める病院に転院してきましたが、心の腫瘍内科医としての知識と姿勢に共鳴し、今後は、外科治療の立場から心を支えるバディとなっていきます。

しかし、心に対して、ある絶対に言えない秘密を抱えていました。

引用元:https://www.fujitv.co.jp/alive/chart/index.html

上記は公式の人物紹介なのですが、上記を見ているだけだと、心の実力を認めて、2人で協力してバディを組んでガン患者に治療にあたると言う印象です。

もちろん、2人がバディとなるのは、公式にも書いてあるので、間違いないのですが、

2人の出会いがなんと、梶山薫が計画して、行った工作だったんです。

これは、梶山薫・・・怪しい(>_<)そこには、恩田心の夫との関係がありました。以降で、医療ミスについてのネタバレもご紹介していきます。

アライブで木村佳乃が心の夫を医療ミス!?2にの出会いは策略だった?

第1話で明かされたのは、恩田心の夫が昏睡状態にあること。

3ヶ月前に事故に遭いました。

雨の日に、風が強く、看板の下敷きになってしまい、損傷がひどく、意識が戻らない大けがを負いました。

この話を、家族が病気になった人が、自分の経験を話し合う会に参加して話す心。

その帰り、自転車で帰ろうとしたら、自転車のタイヤがパンク。

そこに、偶然、同じ会に参加していた梶山薫が車で通りかかり、車で心を送ることに。

これが2人の出会いでした。

車で2人は本音を話します。

その後、なんと病院で再会。

他の病院にいた梶山薫でしたが、心と同じ病院で働くことになります。

そして、心が見ている患者の手術を梶山薫がすることになります。

ここから運命の出会いを経て、2人でタッグを組んでガン治療に挑んでいくのかな??と思ったら、衝撃のシーンが。

なんと、心が、家族が患者になった会に参加するように仕向けていた回想シーンが。

しかも心の自転車のタイヤを故意にパンクさせたのも梶山薫。

梶山薫は心との出会いを故意に作ったのでした。

でもどうして!?と思ったら、次に衝撃のシーンが。

病院である出血の多い重症患者の治療をしていた梶山薫。

途中で「このままじゃ心停止になる」と誰かに言われ

梶山薫は「パッキングしすぎた・・・」と怖い発言。

パッキングってなに!?と思ったのですが、明らかに何かミスをした感じでしたね。

これはもしかしたら医療ミス!?と思われるシーン。

そしてその後、故意に心に近づいた梶山薫。

もしかしたら、梶山薫は心に罪滅ぼしをするために近づいたのでしょうか?

アライブで木村佳乃の目的のネタバレとは?

そんないきなりの木村佳乃さんの行動にツイッターも騒然でした。

https://twitter.com/vQOb4g3D3Huj53z/status/1215281016824201219

https://twitter.com/_pabiyan_/status/1215276397490397187

途中まで感動ストーリーだったので、後半のいきなりのサスペンス的なシーンにびっくりした人も多いようです。

木村さんと言えば、「僕のヤバイ妻」「後妻業」など悪女役のイメージも強いので、今回は違うと思っていたのに、もしかして悪役なの!?と言う驚きの声があがっていました。

ただ今回は悪役ではないと思います。

公式では

2人に1人が生涯のうちにかかると言われている“がん”。誰もがなり得るこの“国民病”に立ち向かうべく、最強のタッグを組んだ内科医と外科医2人の女医。

2人の女医がそれぞれに痛みと秘密を抱えながらも、絆を深め合い人生を生き抜いていく姿を、繊細かつユーモラスに描いていきます。

と記載されていたので、出会いのきかっけは別にして、2人が次第にわかり合い、2人で協力して、ガン患者に寄り添っていくドラマになるのでは?と思います。

また木村佳乃さんについて新たなことがわかりましたら更新していきます。