センバツ中止はどうして?無観客は赤字が理由なの?

2020年は大変な年になってしまいそうです。

中国で広まった新型コロナウイルスが世界的な感染となり、日本では、小中高校が休校という異例の事態に。

そして中止なのか?無観客で実施なのか??とずっと注目が集まっていた「第92回選抜高校野球」が、大変残念なことに、中止となってしまいました。

多くの議論が重ねられたと思いますが、苦渋の決断だったと思いますが、中止となってしまいました。誰よりも何よりも高校球児たちが可哀想ですね・・・。

そんな中、「無観客ではできなかったのか?」「どうして中止」「かわいそうだから無観客でやってあげてほしい」との声が。

では、実際どうして無観客で実施ができなかったのでしょうか?

「センバツ中止」の反響から、中止の理由について、まとめていきたいと思います。

センバツ中止の理由とは?無観客での実施を断念

第92回選抜高校野球(19日開幕、甲子園)の開催可否を決める臨時運営委員会が、11日に大阪市内で行われ、センバツ史上初の中止が決定した。新型コロナウイルスの感染拡大を懸念したもので、大会会長を務める毎日新聞社の丸山昌宏社長は「苦渋の決断」と話した。

引用元:https://www.nikkansports.com/baseball/highschool/news/202003110000459.html

無観客での実施も断念したのですが、開催中止の理由を以下のように説明しています。

 大会会長の丸山昌宏・毎日新聞社社長は記者会見して「現段階では選手が安心してプレーできる環境を担保できない。苦渋の決断となった」と説明した。日本高野連の八田英二会長も「高校野球は教育の一環。選手の健康と安全を第一に判断した」と語った。

引用元:https://www.asahi.com/articles/ASN3C5VCXN33PTQP01B.html

現段階では、選手が安心してプレーできる環境を担保できないという説明。

感染リスクの完全排除は困難と国内の感染者数の増加が原因であるとしています。

しょうがないと思いつつ

しかし・・・こんな声がツイッターからあがっています。

https://twitter.com/yuana_2fu/status/1237733103050752001

確かに、最初は無観客で検討していたはずです。

無観客ならば、観客が感染することはないし、野球の試合だから、生徒たちの間も密集していないので、感染リスクは少ないのでは??と思ってしまいますよね。

ただ、甲子園という全国から選手たちが集まってくる大会だけに、様々な問題があるようなんです。

無観客でもセンバツが開催できない理由とは?赤字じゃない?

無観客でしてあげればよい・・・と最初は思いました。

しかし、甲子園にはこんな問題が。

専門家から、選手の家族や宿泊先の従業員まで健康管理を徹底する必要があると進言された。八田会長は「完璧な対策は作れない」

全国から集まる

・バスでの移動

・宿泊先での感染リスク

徐々に感染の状況がわかってきた新型コロナですが、ライブハウスでクラスタが起きているように、密室で長時間大人数がいる環境は非常に感染リスクが高いようです。

そうなると・・・長時間のバス移動は厳しいですね。

また宿泊先の従業員、生徒たち、様々な感染経路を考えると、もう少し時間があれば、何かしら対策ができたかもしれません。

しかし、時間がなさすぎたことも要因かもしれません。

またこんな意見も。

他のスポーツの大会も自粛している今、野球だけ特別??と言う意見も多く出ています。

テレビのワイドショーのコメンテーターの間でも意見が割れるところです。

野球とほかのスポーツは違う。いや、同じ。他のスポーツでもその大会の日のために、人生かけている人もいる・・・と。

なかなか難しい問題ですね。

また、無観客で開催ということで、赤字になってしまうことが要因では??と言う意見もあります。

ただ、当初は赤字覚悟で無観客開催を決意していたので、赤字ももちろん、懸念材料の1つだったと思いますが、やはり、会見で発言していた通り、感染拡大状況、感染リスクが一番の要因であるのかな??と信じたいですね。

赤字がメインの理由だとしたら(もちろん、大事な問題だと思いますが)高校球児のことを考えると悲しすぎるので。

今クラスターが問題になっていますがもし、無観客開催からのクラスター発生となってしまったら、生徒たちも心身共に傷を負ってしまうということかもしれません。

ただ、個人的には・・・わかってはいるけれど、どうにかして、対策して、無観客開催してほしいなと思いました。