テセウスの船まさしが犯人!せいやの演技と黒幕重要人物抜擢に驚き





2020年3月22日にTBSの日曜劇場の大人気ドラマ「テセウスの船」が最終回を迎えてしまいました!

後半は、原作漫画にないオリジナル展開で、真犯人も原作とは違う!!!と言うことで考察予想がSNSで盛り上がっていました。

そんな中、最終回のラストで明かされたのは、お笑い芸人の霜降り明星のせいやさん演じる田中まさし!

何がびっくりって・・・こんな重要人物に、若手お笑い芸人のせいやさんが抜擢されるなんて。多くのベテラン演技派俳優陣がいるなかで、すごい抜擢ですね。

また想像以上もうまかった迫真の演技に注目が集まっています。

今回はドラマ「テセウスの船」で加藤みきおの共犯者で真犯人だった田中正志のネタバレや反響。また演じるせいやさんなど演技の評判などもご紹介していきます。

▲今なら「テセウスの船」の見逃し動画を2週間はparaviで完全無料で視聴できます▲

テセウスの船最終回結末は犯人がまさし【せいや】!驚きの真相とは?

テセウスの船姉鈴の整形が最終回ラストも!父親が逮捕されてないのになぜ?

ずっと加藤みきおが実行犯であることはわかっていたのですが、最終回の最後の最後まで明かされることのなかった小学生の加藤みきおの共犯者で、黒幕で真犯人。

ツイッターでは誰なのか??と話題になっていました。

ドラマでは、誰もが怪しい・・・と思わせる演出で、もちろん「せいや」さん演じる田中まさしも、黒幕候補として、SNSでも話題になっていました。

しかし個人的には、大人気芸人とはいえ、まだドラマなどでの演技経験の浅いせいやさんが、日曜劇場の話題のドラマの黒幕役にキャスティングされるのかな??と少し疑問でした(^^;

ところが、その私の予想を裏切り、黒幕はまさしだったんです!!!

https://www.instagram.com/p/B-Ax5Qipcq_/

しかも、まさしが文吾を恨んでいる過去に驚きでした。

田中正志は1972年に起きた音臼村祭りで、毒キノコを入れた犯人として母親が逮捕されてしまいます。

もちろん、故意に入れた訳ではありませんでした。事故ですね。。

この時事件の解決に関わっていた、文吾を逆恨みしていました。

このことが原因で「母さんは親父に捨てられて・・・」と怒りに震える田中正志。

村を出たまさしの母親と正志と妹。

その後、周囲から犯罪者として、苦労して、体を壊して死んでしまった母親。

そして小学生だった妹も、殺人犯の子だと言われひどいイジメにあい、自殺してしまいました。

確かに・・・不幸すぎるまさしの境遇。

また久々に父親の世話をしに音臼村に帰ってきた正志に文吾は何げなく、悪気なくまさしに声をかけて「家族は大事にしないとな!」と軽く声をかけたんです。

その言葉が田中正志に復讐の火をつけてしまったんです。

そんな恨みから正志は佐野文吾に殺人の罪をかぶせて、犯罪者にしようとしていたのでした。

これ・・・原作にはない驚きのオリジナル展開です。

びっくりしました。

そんな驚きのまさしの黒幕エンドにツイッターも大反響でした。




テセウスの船まさしが犯人で驚き?反響は?

テセウスの船姉鈴の整形が最終回ラストも!父親が逮捕されてないのになぜ?

もちろん、こういうドラマはどんな結果になっても、賛否の意見がでてきます。

まさしが犯人に「違和感」「無理がある」と言う意見が多くみられました。

しかし「びっくりした!」「思わず笑ってしまった」など衝撃を受けたという意見も多く、斬新なキャスティングは少なからず視聴者に驚きを与えたようです。

またそんな人気ドラマの重要人物に抜擢された、せいやさんの演技にも注目が集まっています。




テセウスの船せいやが犯人役で演技の評判は?

そんなせいやさんが犯人だったことへの反響です。

https://twitter.com/anne0919666/status/1241736050000576512

https://twitter.com/mame0402tomi/status/1241724308281364481

まさしさんが犯人であるという設定は違和感だけど、その演技に圧倒された!上手い!!と言う声多数でした。

芸人さんって本当に演技が上手い方多いですよね~。万能になんでもできるんだな~とびっくりしました。

また、その演技力から役に感情移入して、まさしの今後を心配する声も。

もちろん、やってしまったことは悪いことですが、あまりにも不幸な境遇に同情する声もあがったまさしの過去。

こういう同情の声も、せいやさんの演技力があってこそですね。

そんなせいやさんの今後のドラマ、映画出演など、俳優としての活躍も個人的には楽しみです。