エール2話の曲は威風堂々【エルガー】!蓄音機から流れてきたクラッシック

シェアする





2020年春の新朝朝ドラ「エール」は初回第1話から原始時代が出てきたり、フラッシュモブシーンがあったりと斬新すぎる演出が話題でした。

そして3月31日からの第2話からは、通常通り、子役パートの始まりです!

主人公で後に作曲家になる古山裕一(こやまゆういち)など子役たちの演技に朝から癒されている人も多いと思います。

福島弁も和みますね~。

第2話のラストでは、古山裕一少年が音楽に目覚めるきっかけになったクラッシックの西洋の曲が蓄音機から流れるシーンで終了でした。

聞き覚えのあるこの楽曲。曲名など気になりますよね~。今回はNHK朝ドラ「エール」に登場した曲についてご紹介します。

エール第2話の曲は威風堂々!蓄音機から流れてきた名曲

第2話は古山裕一少年の誕生から小学生になった姿が見れたのですが・・・お坊ちゃま君で大事に育てられすぎたからなのか??気が弱く、吃音気味で、運動が苦手で、いじめられているという、親だったら超今後が心配な男の子に成長していました。

男の子で運動が苦手だと、心ないイジメを受けてしまうこともありますよね。

明らかにいじめられていることがわかる姿の裕一に「人生はいろいろある。ながなが思い通りになんねえ。だがら、なんでもいい。夢中になるもんを探せ。」

と声を掛けます。

そして裕一に新しく買った舶来品のレコードをきかないか?と誘いますが、裕一は首を横に振ります。

父はしょうがなく居間に行き、蓄音機からそのレコードをかけます。

そのメロディにパッと目を見開いて今に入ってくる裕一。初めて音楽に興味を持った瞬間のようですね。

この曲への出会いをきかっけに、作曲家への道を歩んでいくようです。

そんな裕一の運命を大きく変えることになったクラッシック曲エルガーの「威風堂々」。

クラッシックに詳しくない人でも聞いたことある曲なのではないのでしょうか?

イギリスの作曲家サー・エドワード・エルガーが作曲した管弦楽のための行進曲集です。

日本では小学校の音楽の教科書にも載っている名曲です。

この曲は実話なのかわからないのですが、実際に裕一のモデルとなっている古関裕而さんも、少年時代に父親が当時まだ珍しかった蓄音機から流れてくる曲が音楽との出会いだったと言われています。

そんな名曲の登場にツイッターでも大盛り上がりでした。




エール第2話の曲の威風堂々大盛り上がり!

https://twitter.com/mihitomihitomi/status/1244814525028687872

「威風堂々」が実話かどうか不明ですが、このシーンは視聴者にとって印象的な素敵なシーンと選曲だったようですね。

今後クラッシックだけでなく、多くの楽曲が登場するだろう「エール」。

朝から明るい気分になれそうですね。