世田谷区の分散登校に不安の声!コロナ感染者数最多なのに

シェアする




2020年も4月に入り本来なら、多くの会社で入社式が始まる、春の明るい日です。

しかし・・・天気は雨・・・なのはしょうがないですが、入社式が通常通り行われたところはほとんどないと思います。

そして、今になって、東京都民のある数字が発表されました。

増えている東京都の感染者数です。ナンバー1は世田谷区だったのですが、まあ、まだ検査できてない人が多い中、本当の正確な数字だとは個人的に思っていないのですが、それにしても、不安なのが「分散登校」です。緊急事態宣言が発令されるのか?という空気になってきて、NYの感染者数の拡大など、東京もいつ同じような状態になるのか??いう気持ちを抱いている人も多いと思いますが、そんな中、小中学生の「分散登校」の発表が4月1日にされました。

個人的にびっくりしたのですが・・・。同じようにびっくりして、心配!と言う声があがっています。

今回は気になる「分散登校」についてその反響とともにご紹介していきます。

追記!分散登校の見合わせが決定したので、追記します!良かった~。安心しました。

世田谷区が分散登校を決定!そもそも分散登校とは?

マスク2枚配布の批判ツイートパロディが面白い!経費が心配の声も

まずは、世田谷区の小中学校の分散登校の連絡です。

通常の時間割による授業等は、令和2年5月7日(木曜日)からの再開を目指すこととし、令和2年5月1日(金曜日)までの間は、次の措置を講じることにより、可能な限り児童・生徒が密集しない形として分散登校・授業を実施します。

(1) 学年ごとに登校日や登校時間を異ならせ、学校に同時に滞在する児童・生徒の数を最小にします。

(2) 児童・生徒の分散登校日を3日ごと(土日祝日を除く)に設定し、登校時間は半日とします。

(3) 1つのクラスを複数の教室に分けたり、面積の広い教室等を利用するなど教室の利用の仕方を工夫します。

(4) 給食を挟むことにより、午前に登校する児童・生徒の下校時刻と午後に登校する児童・生徒の登校時刻が重ならないようにします。

(5) 登校した日に、次の登校日までの学習指導を行います。

引用元:https://www.city.setagaya.lg.jp/mokuji/kodomo/004/001/001/d00185410.html

本格的な学校の開始はGW明け。

しかし・・・分散登校日を定めて生徒を小学校に登校させるものです。

でも、小池百合子さんがよく口にしている三密を避ける対応をします、と言うことです。

ツイッターでも反響がありました。

そう・・・学校で給食を食べてくるスケジュールになっています。

数週間前の私だったら、ラッキー!学校の給食を食べてくれるんだ。大人数で、小さい部屋にいる学童よりもマシと思っていたと思います。

しかし、数週間前とは、状況が変わってきました。

・NYの感染者数、死亡者数の拡大

・それまでほとんどないと言われていた10代など若い人、持病などがない人の死

・日本でも0歳児が感染のニュース。

などなど、先週あたりから、コロナのそれまでの情報と違う状況が伝えられていました。

https://twitter.com/ayumichannelok/status/1245402465014407168

やっと、コロナが未知なウイルスで、何が起こるのか?どうなってしまうのか?わからないことを多くの人が認識したんですね。

今報道されていることもすべてとは限らず、数週間後は違う新たな恐ろしい状況が報道される可能性もあります。

そんな状況での「分散登校」に疑問の声があがっていました。




分散登校が怖い?ツイッター反響は?

自粛なのに出かける人へのイライラむかつくの声集めてみた

そして分散登校に関してこんな意見が。

これって、区の決定ですが生徒の親もそうですが、先生たちも可哀想ですよね。

いまだに、会社勤めをせざる得ない、人たちはツイッターで「会社に行くのがこわい」と言いながら、やむおえず、電車に乗って通勤したりしています。

それなのに・・・。

子供の親としても不安ですが、先生たちも不憫です。




テレワークでほとんど家にいた人が感染!? 分散登校は大丈夫?

個人的に気になったニュースがこれです。

新型コロナウイルス感染を公表した北京オリンピック男子400メートルリレー銀メダリストの塚原直貴氏のベリーダンサーの妻・内藤未映が3月31日、フェイスブックを更新し、塚原氏が感染予防のために気を使っていた毎日を明かし「必要最低限の外出の際に感染してしまいました。そのくらい新型コロナウイルスは恐ろしく、感染力が強いです」と訴えた。

妻は塚原氏が感染したことに「まず、今回のことでご迷惑、ご心配をおかけした関係各位には心よりお詫び申し上げます」と謝罪。

そして普段の塚原氏の感染予防について「夫は、新型コロナウイルスが流行るずっと前から、自身が風邪を引きやすい体質でもあるため、予防のためのマスク着用、また自宅でも外出先でも、そこまでするか!というほどアルコール除菌と、うがい・手洗いを自身や家族に対して徹底しておりました」と説明。

新型コロナの感染が拡大して以降は「テレワークでほとんど家におり、必要最低限の外出しかしておりませんでした」と自宅勤務にもかかわらず感染してしまったという。「私の知る限り、私の周囲では、夫は誰よりも感染に気を使っていたように思います。それでも、必要最低限の外出の際に感染してしまいました。そのくらい、新型コロナウイルスは恐ろしく感染力が強いです」と訴えた。

引用元:https://www.daily.co.jp/general/2020/04/01/0013239300.shtml

個人的に今までは、感染してしまう人は

やむおえず、仕事に行かなくてはいけない人、感染を気にせずに遊びにいちゃった人だと思っていたんです(^^;

しかし・・・きっと私よりもはるかに、注意していた方が感染。

これは、ショックでした。これから毎日、毎週情報が更新され、また決定も変わるかと思いますが、分散登校は本当に大丈夫なのか?

このまま何もかわらなければ、個人的に、欠席をしようかなと思いました。




4月3日追記!分散登校の見合わせ決定

4月3日に小学校の緊急連絡メールから、連絡がはいりました。

世田谷区教育委員会事務局よりの連絡をお伝えいたします。区内における、新型コロナウイルス感染症の拡大状況などを踏まえ、区立小中学校の入学式、始業式については延期、分散登校も見合わせとの判断となりました。

分散登校の見合わせの連絡が理由なのか、なぜか小学校のHPにアクセスが集中したらしく、記事閲覧ができず、詳細は確認できなかったのですが、とりあえず、見合わせが決定したことで、ひとまずは安心しました。

コメント

  1. エイトマン より:

    世田谷区在住の高校教師です。今まで保坂区長を信頼して区民としての生活を送ってきました。今回の決定を聞き、耳を疑いました。この人は正常な政治判断ができるのか疑わざるを得なくなりました。命以上に大切なものはありません。何としてもこの狂気の決定は撤回させなければならないと思います。元オリンピック選手の塚原さんの話をこのコーナーで見て、改めてコロナの恐ろしさを感じています。皆で声をあげましょう。