SUITS2第1話あらすじ感想!キスシーンが回想なのにドキドキ?

シェアする

ドラマ「SUITS/スーツ2」は、前作からとても人気で今回の放送が楽しみにされていました。

1話から甲斐の手腕が披露されましたが、なんと鈴木大貴も渡米を経て帰ってきました。

そして今回は、甲斐と幸村の宿敵である上杉までもが帰ってきます。

前作よりもっと面白くなりそうな内容です。

ツイッターでは回想シーンの過去のキスシーンが話題に!

今回は、2020年4月13日(月曜日)夜9時から拡大スペシャルで放送されたドラマ「SUITS/スーツ2」のあらすじネタバレをご紹介していきたいと思います。

SUITS2第1話あらすじ感想①大輔が帰ってくる!コンビ復活

鈴木大輔(中島裕翔)ボストンへ行く事になり、最終回を迎えてしまった前作でした。

そして、第1話一番最初に甲斐(織田裕二)がこなした大仕事の協力者が大輔でした。

大輔を幸村(鈴木保奈美)に秘密でボストンから呼び戻していたのです。

事務所も引っ越し、以前よりも大きくなった幸村・上杉法律事務所に帰ってくることになりましたが、幸村は反対しました。

なぜなら、大輔は弁護士資格のない無免許弁護士だったのです。

その無免許弁護士に弁護士として働かせている事が分かったら法律事務所だけではなく幸村も甲斐も弁護士資格をはく奪される恐れがあります。

ただし、甲斐がなぜ今大輔を呼び戻したのかは分かりません。

SUITS2第1話あらすじ感想②大輔への依頼…果たして勝てるのか

ボストンからの復帰戦として、甲斐から紹介された依頼は小説のアイデア盗用疑惑でした。

小説は、大人気作家・桜小路都の新しく発売された小説です。

盗用されたと言い出したのは、出版社の元契約社員で現在は本屋に勤めている吉野真帆(玉城ティナ)です。

出版した柊出版は、経営統合を控えており現在は厳重に警戒している時です。

何か問題があっては経営統合依然の問題になってしまいます。

そこで、大輔がこの依頼を解決するように言われました。

本屋に行き吉野を説得した大輔ですが、一回戦で解決する事が出来ませんでした。

吉野は桜小路の編集担当にアイデアを見せたのですが、大輔が見た小説のあらすじに似ていました。

大輔は交渉の余地があると思い編集担当に話をしました。

すると、大輔は和解交渉の場を設けると言いました。

吉野は納得したかのように思いました。

しかし、まだこの仕事は終わっていませんでした。

SUITS2第1話あらすじ感想③和解交渉…求める対価

和解交渉の場にやってきた吉野でしたが、和解金額100万円yというのを見て和解する気がなくなってしまいました。

しかし、どうして急に和解交渉を決裂させる気になったのかが分かりませんでした。

そこで、大輔は一から案件の内容や小説を調べなおします。

するとある事に気付きました。

吉野が、スランプに陥っているのではないかという事でした。

吉野が思いついたというシナリオは、全て別の小説にも使われているシナリオでした。

そして、大輔は吉野は何が望みなのかも分かっていました。

小説家としてどうしてもデビューしたかった吉野が盗用した事を認めました。

そこで、柊出版が吉野の小説を出版する事を条件にしましたが、発売レベルに達していないといけません。

大輔は、スランプに陥っていても書くしかないと吉野を説得し何とか案件は無事に解決しました。

SUITS2第1話あらすじ感想④甲斐にやってきた新たな依頼

大輔の仕事が始まったころ、甲斐にも新たな大仕事がやってきました。

フューチャースカイという宇宙航空エンジニアリング事業で名をはせている会社から甲斐に依頼がありました。

現在社長を務めている三津谷聡(反町隆史)は、この事業でとても有名で現在ではその敏腕ぶりで会社を急成長させました。

その三津谷が、開発した新たなシステムを売却したいと言い出しました。

何故なのか、三津谷は現在ザッカートという会社と業務提携に入っている段階なのです。

そこで、売却益で次の開発の資金に回したいと言い出しました。

その、新たなシステムの売却を甲斐にお願いしたいという事です。

しかし、その売却価格が問題でした。

100億円です。

数々の強豪がこのシステムをうちに欲しいと、名乗り出てきましたが、どれも三津谷が言っている価格には到達しません。

その中でも、一つ気になる会社がありました。

新日空の竜崎(野間口徹)という人物です。

竜崎は、今回の交渉の金額をいつまで経っても変えようとはしませんでした。

そして、竜崎は三津谷はこの金額でサインする事になると強気でした。

SUITS2第1話あらすじ感想⑤三津谷の秘密と完全勝利

三津谷の依頼が中々うまくいかず行き詰っていた時に甲斐が三津谷に呼び出されました。

そこで見せられたのは、三津谷に対するゴシップ記事だったのです。

全てがフェイク記事なのか真相は分かりませんでした。

しかし、甲斐は三津谷から最後の仕事だと言われ、どうして三津谷が売却を焦っているのか分かりませんでした。

そろそろ、今回の大仕事のエンドロールが始まります。

三津谷が開発したとされる今回の新たなシステムには「アルティメット・デュアル・クローラー」というシステムが用いられています。

以前、三津谷がザッカード社に居た頃に開発したシステムです。

特許も申告されていますが、今回三津谷が開発した新たなシステムの中に使用している事が分かれば特許侵害に当たります。

そこで、三津谷は提携する前にこの新たなシステムを売却してしまいたいと急いでいたのです。

危ない橋を渡りたくない甲斐は、この案件をクビになる前に自分から辞めると言いましたが、三津谷にある秘策を教えました。

提携しようとしているザッカ―ド社とクロスライセンス契約を結べばいいと言ったのです。

ザッカードも三津谷の会社にある特許2つに大変興味を示しているので、新たな経営統合の材料になると教えました。

その点も踏まえ、三津谷は甲斐に今後も顧問をお願いすると言いました。

SUITS2第1話あらすじ感想⑥宿敵・上杉の復帰!どうなる甲斐

幸村・上杉法律事務所には現在シニアパートナーとして甲斐や代表取締役の幸村がいます。

しかし、前作でも明らかにされていなかった上杉(吉田鋼太郎)が今回から参加します。

上杉は、現在奥様が病気の為に休職中でした。

そして、休職する前に甲斐と幸村が上杉が起こして大きな問題に気付いたのです。

そこで本人に休職するように説得しました。

当時は奥様の事もありましたので、そのまま休職されましたが、今回奥様の病状が悪化し亡くなってしまいました。

上杉が事務所に復帰してしまうと、大輔の事もばれてしまい窮地に追いやられてしまう幸村と甲斐ですが、危惧しているのはそれだけではありません。

上杉が起こした問題は、まだ明らかになっては居ませんが事務所の存続も危うくなってしまうほどの問題です。

幸村と甲斐は必死に戻ってこないように説得しましたが上杉は突然事務所に顔を出します。

甲斐が家に来てまで、話をしに来てくれた事やまだ法律事務所の名前の中に上杉という言葉がある事が背中を押してくれたといいました。

嫌な予感がした甲斐と幸村でしたが、その予感は当たりました。

奥様が亡くなった今また事務所に戻ってくると話したのです。

最悪の出来事が起こってしまい甲斐と幸村はこれからの事を考えるのでした。

SUITS2第1話感想反響まとめ①回想シーンのキスにドキドキ

では、感想反響をまとめていきます。

今回は鈴木先生の恋愛も見どころのようです。2人の関係はどうなるのでしょうか?

やっぱりキャストが華やかなので、見ていて、それだけで楽しかったですね。それにもちろん、面白かった!

前回はそこまでクローズアップされなかったら、鈴木先生の恋愛も注目です。

回想シーンじゃなくて、本当にキスするのか?ファンにとってはうれしいような複雑なところだと思いますが、個人的には楽しみです!

これからの展開予想とまとめ

「SUITS/スーツ2」1話いかがでしたでしょうか。

拡大スペシャルでしたが、たった1時間程で凄く進展しました。

今クール放送の「SUITS/スーツ2」は月9史上初の最大話数でお送りすると発表されていますが、今後の展開を予測していきます。

やはり、最後のキーマンになるのは上杉ではないかと予想しています。

幸村も甲斐も今回の終盤で一度は危うい状況にまで陥る可能性はありますが、大輔が助けてくれそうな気がします。

そして、上杉が起こした最大の問題も気になります。

それを明らかにしていくのと、今回登場した上杉の娘さんも気になってくるところです。

まだまだ、始まったばかりの「SUITS/スーツ2」期待できる内容になっていくと思います。

そんなドラマ「SUITS/スーツ2」は毎週月曜日フジテレビ系列で夜9時から放送です。

ぜひご覧ください。

今回は、ドラマ「SUITS/スーツ2」の1話を皆さんにご紹介しました。

シェアする

フォローする